「笑いは元気の源です。江戸の庶民の暮らしぶりを学びながら、小話を自分で作って、話して、笑わせる達人になりませんか」、と呼びかけて、落語講座と寄席を開くのは桂歌助師匠。題して「桂歌助港南台寄席」。横濱タウン新聞文化講座の一つとして開かれます。

▽日時=2009年6月21日(日)13時30分開演〜15時半 (途中休憩あり)

▽会場=港南台214ビル 5階509-3号室
(JR港南台駅徒歩2分)

第1幕 落語の話術と江戸の暮らしのお話

落語に関する様々な知識を、桂歌助師匠が笑いを交えてお話しします。

第2幕 実際に落語を聞く

演目は当日のお客様に合わせて決定します。 お楽しみに。

▽木戸銭=2000円。定員50人。

▽申込み=お電話でご予約ください。045-831-5211

*前売り券は事務局(214ビル4階408-2号室)で販売
  平日10時〜17時/土日はお電話の上、お越し下さい。

出演・講師 桂 歌助 
落語家・1999年真打昇進。雪と着物とコシヒカリで有名な新潟県十日町市出身。東京理科大出身という異色の経歴を持つ。前座、二ツ目の時期をすごした港南区が落語家としての原点と言う。原点を忘れないようにと地元の人々のため続ける「えのき寄席」は今年で15年目を迎える。東海道五十三次の全ての宿場で落語会を開いたことがきっかけで「水戸黄門」のプロデューサーから声がかかり、番組出演をしたことも。現在落語会、寄席などに精力的に出演、また師匠の桂歌丸とともにパリでの寄席に出演するなど、国際的にも活躍中。

▼お申込み・お問合せ

事務局(2009年3月に事務局は4階へ移転しました)
〒234-0054 港南区港南台3-3-1
港南台214ビル4階 408号室
『横濱タウン新聞』アカデミア港南台
E-mail info@town-np.jp 
TEL 045(831)5211  FAX 045(831)5647  






Copyright(C) TOWN-NP CORP.
タウン新聞社