「子どものみらい応援団」が発足   神奈川県

「子ども食堂」活動などを支援

 

 

貧困家庭や孤食の子どもに、無料や安価で食事を提供する「子ども食堂」の取組みが急速に進み、全国で400ヶ所以上の「食堂」が開設されていると見られている。

 

神奈川県では昨年11月28日、全ての子どもを社会全体で支援する機運を作り上げようと、県、市町村、 経済団体、関係団体、大学などによる「かながわ子どものみらい応援団」を立ち上げた。

 

この応援団では、こども食堂や学習支援などの身近な地域活動と、その活動の支援者や団体とを直接、間接的に結びつけるイベントなどを通じ、支援の輪を広げていこうとするもの。

 

団長は黒岩祐治知事、アンバサダーには元テニス選手の杉山愛さんが就任、各団体メンバーで構成されている。

 

 

 

■2月、応援団発足記念イベント

 

同応援団発足記念イベントが 2月7日(水)14時から、中区長者町のラジアントホール(市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」徒歩1分)で開かれる。杉山愛さんと黒岩知事の対談や記念講演、事例発表などが開かれる。

 

参加希望者はFAXで1月25日までに申込む。

FAX/045(210)8868

 

 

 

■サンタこども食堂でクリスマス会

 

昨年5月に開かれた「サンタ子ども食堂」は12月19日、クリスマス食事会を港南台地区センターで開き、子どもや保護者、ボランティアなど約90人が12月のメニューを楽しんだ。

 

 

サンタ食堂