イギリスの元ブリ 英・元ブリストル市長ファーガソン氏 瀬上を視察

ストル市長・建築家・環境活動家で、「都市とコミュニティの再生と持続可能な地域づくり」において世界的なリーダーとして知られるジョージ・ファーガソンさんが11月14日、東急建設の開発が注目されている栄区上郷の瀬上の谷戸を訪問、「NPOほたるのふるさと瀬上沢基金」の角田東一理事長の案内で視察しました。

 

 

雨模様の開発予定地を徒歩で回った後、次のような感想を語りました。

 

 

「自然や遺跡を失うだけでなく、文化や教育の場も失うことになるので、深く考えて対応する必要がある」。

 

「経済的に潤うのは、開発だけではない。この自然と歴史的な遺産を観光資源として利用することからも生まれる利益はある。目先のことだけではなく、将来も見据えることが大事だ」。

 

「全ての開発を阻止するのではなく、どこを残すか賢く考えて、残す必要がある場所は、身体で阻止するくらいの気持ちが必要だ」。

 

「この自然をなくしたら次世代から恨まれることになるだろう」。

 

 

ファーガンさん

瀬上開発の説明を受けるファーガソンさん(左)

 

 

 

ファーガソンさんは、パタゴニア横浜のスタッフの案内で瀬上を訪れました。