全日本 クラブカップ バレー

東京ガスエコモチーム 11日、鳥取代表と対戦

 

全国バレーボール協会に加盟しているクラブチームによる第37回全日本クラブカップ選手権大会(6人制・男子)の神奈川県代表として東京ガスエコモ(株)=本社/港南区丸山台・杉浦誠社長=のバレーボールチームが出場する。

 

 

同大会は8月10日、全国から56のクラブチームが参加し、和歌山市で開幕する。

東京ガスエコモチームは11日、グループ予選第7組で鳥取代表「TEAM RAID」と対戦する。

決勝戦は大会4日目の13日、「和歌山ビッグホエール」を会場に行われる。

 

 

神奈川代表になった東京ガスエコモは6月11日、平塚市の「ひらつかサン・ライフアリーナ」で行われた神奈川県予選会で優勝した。

 

県大会では1回戦で「KVC」、2回戦で「神奈川教員クラブ」を破り、決勝戦では川崎代表の強豪クラブチーム「奔流道」を2|1で破って初の県代表に耀いた。

 

同チームの福田誉選手は「業務の後の練習は、集まるのも大変ですが、全国大会では全力を尽くしたい」と語っている。

 

 

バレー

社業終了後、全国大会に向けて猛練習をする東京ガスエコモチーム (丸山台小学校体育館)