楽しさ満喫 初夏の みなとヨコハマ案内

フラステージ、カッターレース、蛍の夕べ
マルシェ、ドラゴンボート、横浜開港祭

 

 

フラ イベント 第19回 カ  フラ  ホア

 

会場内にはフラやタヒチアンの華やかなステージ、誰でも参加できるKani ka pilla(生演奏で自由に踊る)、クラフトワークショップ、ハワイアングッズのショッピングモールなど、楽しいコトが盛りだくさん。
フラアンバサダーによるワンコイン フラ ワークショップ(30分500円)も人気で、子どもからお年寄りまで、誰もが楽しめるイベント。

 

▽日時/5月20日(土)11時~20時
       21日(日)10時~19時

▽会場/横浜港大さん橋国際客船ターミナル
    大さん橋ホール

▽入場無料

▽問合せ/℡045(511)8418
     カ フラ ホア事務局

 

 

 

第34回 横浜港カッターレース

 

毎年開催され、多くのチームが熱戦を繰り広げる「横浜港カッターレース」。

競技種類は、一般レース、シニアレース、女子レースの3種類。チーム編成は艇長1名、艇指揮1名、漕手6名の計8名で、シニアレースは漕手の年齢合計が360歳以上とするなど、各チーム息を合わせ、選手も観客も白熱したレースを生で体験できる。

 

▽日時/5月21日(日) 荒天中止

▽会場/山下公園前面水域及び公園内

▽問合せ/℡045(671)7241
     横浜港カッターレース実行委員会  

 

 

三渓園 「蛍の夕べ」

 

ライトアップされた三重塔とハナショウブを楽しみながら庭園の奥へ進むと、園内で羽化したホタルがほのかに光り、幻想的な風景が広がる。

蛍観賞場所は、外苑奥の小川周辺で。よく見える時間帯は19時半~21時だが、天候によっては見られない日もある。

そんな時は通常非公開の「旧燈明寺本堂」で、虫かごに入った蛍を、パネルや映像と併せて見ることもできる。

▽日時/5月22日(月)~6月2日(金)
    夕方~21時閉門(入園20時半まで)

▽会場/三渓園(横浜市中区本牧三之谷58-1)

▽料金/入場料のみ(大人500円、こども200円) 

▽問合せ/℡045(621)0634

 

 

 

横浜港大さん橋マルシェ(市場)

 

普段は立ち入ることのできない、横浜港大さん橋の巨大な岸壁(エプロン)が一般開放され、マルシェが開かれる。

会場では、神奈川県内で生産・販売している自慢の品を多数販売。各ゾーンに分かれ、約100店舗の出店を予定している。

また、日本各地の特産品も取り揃えられ、全国の生産者を応援する。

広大な海が広がる絶好のロケーションで、マルシェ(市場)とダイニング(食堂)を楽しんでみては?

 

▽日時/5月27日(土)・28日(日)11時~16時

▽会場/横浜大さん橋 山下公園側エプロン(岸壁)

▽入場無料

 

 

横濱ドラゴンボートレース2017

 

横浜の観光スポット「山下公園」。その前面海上で繰り広げられるレースは初夏の横浜の風物詩。

マリンタワーや氷川丸など横浜ならではの景観をバックに、激しく水しぶきを上げて進むドラゴンボートが熱い戦いを繰り広げる。

当日は、公園内にキッチンカーが出て冷たいビールや美味しい料理も楽しめる。

また、ステージではバンドの演奏、ステージ前の広場ではダンスが繰り広げられるなど、公園内はお祭り色満載。

訪れる誰もが盛り上がれる楽しいイベントとなっている。

 

▽日時/5月27日(土)・28日(日)
    6月3日(土)・4日(日)

▽会場/山下公園前面海上

 

 

 

第36回 横浜開港祭2017

 

初夏の風物詩『横浜開港祭』。・Thanks to the Port・開港を祝い、港に感謝しよう」がテーマ。

2日(金)には臨港パーク内メインステージで「クレイジーケンバンド」のスペシャルライブが行われる(観覧無料・時間は19時~20時)。

他にも、小中高歌合戦や日本を代表する吹奏楽団、マーチングユニットによるチャリティーコンサートなど、楽しいイベントが盛りだくさん。詳細はHP参照。

▽開催日時/6月2日(金)・3日(土)

▽会場/臨港パークおよびみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺

▽問合せ/℡045(212)5511 
     横浜開港祭実行委員会 事務局

 

 

ドラゴンボートレース写真

熱戦が繰り広げられる「ドラゴンボートレース」